WEBライターに必要なライティングスキルと今すぐ挑戦するメリット

こんな人に読んでほしい
  • Webライターに興味があるけど不安
  • リアルにおすすめできるの?
  • 文章で本当に稼げるか知りたい

簡単に始められることで有名なWebライター。ただ始める前には、結局のところ稼げるのかって不安が大きいですよね。

よくWebライターは稼げないと言われますが、目指す先を間違えなければ大きく稼ぐこともできます。

オンライン化が進みWeb制作の需要も増えているので、Webライターとして参入するチャンスです。

たとえスタートが遅くても、選ぶルート次第で結果を出せる職業だということも知ってください

この記事では、稼げるWebライターの特徴と今すぐWebライターに挑戦するメリットを解説します。

なべ

個人でも稼ぎやすくパソコン1台あれば在宅でもOK。金銭的なリスクがないWebライターの魅力がわかりますよ。

タップできる目次

WEBライターに必要なライティングスキルとは?

WEBライターに必要なライティングスキルとは?
WEBライターに必要なライティングスキルとは?

ここでは誰もがはじめに習う基本的なライティングは飛ばしますが、不要なわけではありません

稼げるスキル
  • コピーライティング
  • SEOライティング

結論、ネット上の文章を執筆するWebライターにおいては、上記の2つがないと稼げるようになりません。

稼げなくて挫折する人は必要なスキルを身につけてないケースが多いです。

コピーライティング

簡単にいうと商品を売るための技術。広告やLP(売上を生むページ)によく使われることが多いライティングです

セールスライティングともいわれ、以下のようなところで使われています。

使われているのは?
  • アップルの公式サイト
  • ライザップの公式サイト
  • You Tubeに流れる広告

どのページも動画や画像を使い「商品の良さ」や「手に入る未来」をアピールしています。

その1ページを作るために企業はたくさんの費用をかけているため、ライターの文字単価が10円以上になるケースも多いです。

SEOライティング

Google検索で上位を目指すためライティングスキル。身近なところでいえばブログ運営にも使われていますね。

いろんなテクニックが紹介されていますが、基本的には検索する読者の悩みを解決するのが目的です。

セールスライティングとの相性もよく、下記の順で使われます。

SEO集客の流れ
  1. 人を集める:SEO
  2. 悩みを解決する:SEO
  3. 商品を売る:セールス

クラウドソーシングなどではよく低単価で募集されていますが、SEOスキルを磨けば文字単価2〜5円くらいはいけます。

基本的な文章を書けるようになったら次はSEOライティングを学ぶべきです。

WEBライターを続ける5つのメリット

WEBライターを続ける5つのメリット
WEBライターを続ける5つのメリット

ここからはWebライターを始めるメリットを解説します。

Webライターのメリット
  • ほとんど自宅で仕事が完結する
  • 稼ぎながら学ぶことができる
  • 特別な資格が必要ない
  • 持っている知識を活かせる
  • 文章以外のスキルも身につく

なによりゼロから始める場合でもリスクがないのは大きいですね。副業にも向いています。

ほとんど自宅で仕事が完結する

基本的に通勤がなくなり無駄に人と会わなくてOK。ストレスが減るのは大きなメリットかなと感じています。

もしフリーランスならこんな感じ
  • 朝の時間に余裕ができる
  • 自分のペースで仕事できる
  • 働く場所を選ばない

初めから自分の思うように仕事ができるわけではありませんが、自分の意思で仕事をする感覚はいいものですよ。

誰だって人に言われた仕事をするのはイヤですしね。

稼ぎながら学ぶことができる

初心者でもいきなり稼いで学べるのはWebライターならでは特権です。

Webライターになるには
  1. クラウドソーシングに登録
  2. ライティング本を読む
  3. 案件をこなして経験を積む

どこかに就職せずにWebライターを始めるなら上記の流れが最適だと考えています。

まず準備を考えるが人が多いのですが、Webライターはとにかく文章を実戦で学ぶのが効果的です。

なべ

案件によってはプロからのフィードバックももらえます。

別の記事でもゼロからWebライターを始める方法を解説していますので、効率よく進めたい方は参考にしてみてください。

特別な資格が必要ない

実戦で学んだスキルで結果を出すのがベスト。資格がなくても勝負できます。

Webライターが評価されるのは基本的に文章スキルなので、まずは基礎を身につけていけばOKです。

クラウドソーシングでライティング(基礎)テストもあるので、今の力を試してみるのもおもしろいですよ。

なべ

4択問題なので気軽に挑戦できのが魅力ですね。

持っている知識を活かせる

今までの経験がWebライターでも活かせます。仕事やアルバイト経験は貴重なスキルです。

あなたの体験談が、よりリアルに読者の悩みを解決できます。

今持っている知識を活かそう
  • 転職経験
  • スマホやPCの知識
  • 営業ノウハウ

Webライターに資格はなくても、、、といいましたが専門分野の資格などがあれば強い。

例えば「調理師免許所持」や「TOEIC800点」などがあれば文章の説得力が増し、記事を書くのにも有利になります

文章以外のスキルも身につく

Webライターをやっているうちにいろんな知識が身につきます。

文章以外のスキル
  • SEO知識
  • 心理学
  • 専門分野の知識

Webライターで稼いでいる人たちは、ただ文章を書いているわけではありません。

「悩みを解決する文章」や「商品の魅力を伝える文章」など、読者の心を動かせる魅力的なライティングが必要です。

Webライターをやっている人がブログを始めるのは宣伝目的もありますが、スキルを磨くためでもあります。

WEBライターをやってみて感じたデメリット

WEBライターを続ける5つのメリット
WEBライターをやってみて感じたデメリット

現実いいことばかりではないですし、向き不向きもあります。

Webライターのデメリット
  • 慣れるまでは時間の使い方が難しい
  • 文章を書くのは想像よりきつい
  • 記事の単価が低くてしんどくなる

人によってはもっと多いのかもしれませんが、個人的にはメリットのほうが大きいので不満は少ないです。

慣れるまでは時間の使い方が難しい

副業、本業に関わらず時間の使い方が難しいと感じました。

毎日の生活リズムの中にうまく取り入れられるかが課題です。無理すると文章書くのもきつくなってきますしね。

副業ライターなら
  • 本業タイム
  • 執筆の時間
  • 寝る時間

Webライターは誰でも始められますが、副業で効率よく稼ぐのはなかなか難しいです。レベル感でいうと中級者以上は必要かなと思います。

文章を書くのは想像よりきつい

「スキマ時間で簡単に稼げる」は幻想です。

現実けっこう脳みそ使うし、毎日続くと目もかなり疲労して頭痛が起きたりすることもあります。

もともと文章力が高く、伝える能力が優れていないとストレスに感じるでしょう。

筋トレと一緒で、とにかく文章を書き続けることで慣れていくしかありません

記事の単価が低くてしんどくなる

文章を書くのに慣れないうちはとくにしんどいです。普通にコンビニでバイトしたほうが稼げます。

初心者でもとれる案件
  • 1件100円ほどのタスク案件
  • 0.1〜0.3円の低単価の案件
  • 1件100円〜の体験談アンケート

完全にゼロからスタートする初心者は、はじめは単価も低く思うように稼ぐことはできません。

副業なら月に1万円いければいいところかなと思います。時間的にもこなせる件数は少ないですしね。

WEBライターに向いている人は?

WEBライターに向いている人は?
WEBライターに向いている人は?

Webライターに向いているのは下記の3つを満たしている人かなと思います。

Webライターに向いている人
  • 在宅メインで仕事したい
  • 人の気持ちを考えられる
  • ネットで調べる力がある

「とにかく今の環境を変えたい、、、!」っていうのも何かを始める理由として十分OKですよ。

決まった時間に通勤するのもしんどいし、人と会うのが苦手。そんなあなたはWebライターに挑戦してみるのもいいかもしれません。

在宅メインで仕事をしたい

Webライターなら基本的にほぼ100%、家で仕事が完結します。

中には「取材記事」もありますが、時代的にもZoomで対応する場合が多いので家を出ることは少ないです。

こんな人は最高に向いている
  • 通勤から開放されたい
  • 無駄に人と関わりたくない
  • とにかく家が好き

Webライターを始める理由は人それぞれですが、通勤から開放されてストレスが減るのは最高といえるでしょう。

人の気持ちを考えられる

基本的にWebライターが求められるのは人の悩みを解決する記事です。

どんなジャンルにせよ読者ファーストで文章を書いていくので、相手の気持ちを考えられる人はWebライターに向いています

もちろん経験していないことで同じ気持ちになるのは不可能なので、解決方法をわかりやすく文章にする感じですね。

読者が「この記事なら読んでみようかな、、、」と思える内容にしなくてはいけません。

ネットで調べる力がある

Webライターが書く文章はネット上でのリサーチが多いので、自分で考えて必要な情報を見つける必要があります。

調べなくてはいけないこと
  • ライバル記事の内容
  • 想定できる読者の悩み
  • 記載する情報の正確性

間違った内容や読者が求めていないことを書くのはNG。SEOと読者を意識したライティングが必要です。

まとめ:Webライターは文章を書いているだけじゃ稼げない

Webライターは文章を書いているだけじゃ稼げない
Webライターは文章を書いているだけじゃ稼げない

Webライターは大きく稼げる職業です。しかし誰でも簡単に稼げるわけではありません。

求められること
  • 読者を悩みを解決する
  • SEOの基礎知識
  • 商品を売る文章力

誰でも簡単に始められるものの、続けられる人は多くはありません。

逆にいえば続けられる人はチャンス。

もちろん低単価を抜け出すためにはスキルを身につけないといけませんが、リスクはありませんよね。

もし在宅ワークに興味があるのなら挑戦しない理由はないです。パソコン1台で稼げる仕事の中でもハードルは低めですよ。

シェアしてもらえたら泣いて喜びます!

お気軽にコメントください!

コメントする

タップできる目次
閉じる