【失敗談あり】MacBook Air2020を冷やすのに効果があった方法

こんな人に読んでほしい
  • Mac本体が熱くて動きが重たい
  • 冷やすのに効果的なファンを知りたい
  • 熱を気にして作業するのが嫌だ

MacBook Airを使っていたら、いつもは快適な動作がモッサリ。本体を触ってみるとかなり熱くなっていたので、これはやばいと思っていろいろ試してみました。

熱対策として「とにかく無駄なものは閉じろ」とありますが、自分好みの環境ってあるじゃないですかね。そこでたどり着いたのがPCスタンド+冷却ファン

やはりMacBook Airを長時間使うのなら冷却ファンは必須です。ただ、サイズが合わないと思ったような効果が得られません。

この記事では失敗から学んだことを活かして、効率のいい熱対策を紹介します。

なべ

試行錯誤の結果たどり着いたオリジナルの方法です。

タップできる目次

MacBook Airを冷やすのに効果抜群だった方法

まずはMacBook Airを効率よく冷やすためのポイントを解説します。

使っている人ならわかるかもしれませんが、MacBook Airって部分的に熱くなりませんか?

MacBookAir 表

キーボードの上のほうと、その裏面。この赤枠の部分を冷やしたいんですよね。

MacBookAir 裏面

とにかくこの部分をピンポイントで冷やす工夫をしていかなくてはいけません。

使う冷却ファンはエレコム:USB扇風機 / FAN-U177BK

USB扇風機 / FAN-U177BK
USB扇風機 / FAN-U177BK

詳しい性能はエレコムの公式ページを見ていただければと思います。

熱対策の効果を数値で見るためにMacにアプリ入れて温度を計測してみました。

しばらく使いながら様子を見ていたところ、どうやら100℃が続くとMacBook Airのファンが回り出すようです

アプリ 対策前
対策前
アプリ 対策後
対策後

結果からいうと数値もバッチリ下がって成功。体感でも効果を感じられます。

風量ダイヤル
風量ダイヤル

音に関しては②でMacBook Airのファンと同じくらい。冷やす性能は高いですが音がめちゃくちゃ静かなわけではないです。

静音設計を求めているなら買わないほうがいいかもしれません。

約6〜19センチまで対応
約6〜19センチまで対応

約6〜19センチまで対応できるので、幅を狭くすればスマホやタブレットも置けるようになります。

高さ調整可能
高さ調整可能

2段階の高さ調整が可能です。

1.5と3.5センチのみ
1.5と3.5センチのみ

しかし高さ調整は2パターンのみなので自由度は低くく、好みの高さになるとは限りません

そこで今回は別のPCスタンドと組み合わせて、好みの高さを作る方法も紹介しますね。

台で高さを調整する
台で高さを調整する

ちなみに下の台は100均で買いました。自分好みの高さに合わせて選んだので、とくに決まりはありません。

100均のボックス
100均のボックス

13インチのPCならキレイに収まるので違和感もないですね。

使用中の雰囲気
使用中の雰囲気
なべ

高さによっては台がいらないですし、自分のスタイルの合わせて使ってみてください。

卓上ファンでも十分に効果を実感できる

エレコム卓上ファン
エレコム卓上ファン

小型のサーキュレーターですが、冷却ファンとしても十分使えます。

約90度まで調整可能

ひとつ注意したいのが「音」の大きさ。冷やす能力は強いですが静音設計ではありません。弱くしてもMacBook Airのファンくらいの音がします。

サイズの合わないファンを買うと失敗する

ハネ4枚のPCファン
ハネ4枚のPCファン

この手のタイプの冷却ファンを使う場合は注意が必要です。

16インチPCまで対応
16インチPCまで対応

サイズもいい感じだし、高さも調節できるのでよさそうなんですけど、、、

4段階の高さ調整
4段階の高さ調整

MacBook Airが熱を持つ肝心な部分にファンがないんですよね。ついでにプラスチックの安っぽい感じもイマイチ。

ファンの位置が合わない
ファンの位置が合わない

この冷却ファンはたしか3,000円くらいでした。

性能はそこそこ
  • 静音設計で静か
  • 6段階の風量調節
  • メッシュ部分が金属

ただ、個人的には風量が弱い。全く冷えないってことはないんですが、とにかく微妙です。

性能が良ければ見た目はそこまで気にしないんですが、もう全部が嫌になって使わなくなりました。

冷却ファンを買う前に試した熱対策

冷却ファンを買う前に試したこと
冷却ファンを買う前に試したこと

冷却ファンを買う前にもいろいろ試したのですが、僕の作業環境ではあまり効果がありませんでした

作業環境はこんな感じ
  • サブモニターを使用
  • ブログ記事などの執筆
  • You Tubeで音楽を聞く
  • ブラウザのタブを5つほど
  • 画像編集(Canva)

上記のような感じだとPCのファンも回りだして、動作もかなり重たくなります。

タブを閉じたりすれば動作も戻るんですが、本体はチンチンに熱くなったまま。スペックは下記です。

MacBook Air 2020モデル
CPUCore i5
メモリ8GB
ストレージ512GB
MacBook Airスペック

アップル公式でも対処法が記載されていますが、そういうのはわかるけど、、、自分好みの環境で普通に使えるようにしたいだけなんですよね。

なべ

軽い作業しかしないなら効果があるかもしれないので試してみてください。

不要なアプリ・タブは閉じる

結局のところ作業するときは不要なアプリやタブを閉じるのが効果的です。

ただ、動作に問題がなくなるだけでPCの温度は常に高いままです。

毎日MacBook Air使うのであれば、常に本体を冷やすことを意識しておくのが大切かなと思います。

PCスタンドで熱を逃がす

確かにPCの下に空間があったほうがいいのはわかりますが、体感ではわからないレベルですね。

PCの温度を測るアプリを入れて測ってみたところ平均して80℃くらいでした

ぼちぼち高い感じですが、動作には問題なし。数値を見ていると100℃が続くとファンが回るみたいですね。

保護カバーを外して使う

保護カバーを外したところで効果はいまひとつ。キーボードカバーもつけているのですが、そこまで影響がないように感じます。

そもそもMacBook Airは排気口がなく、熱をもちやすい構造なのでここは諦めました。

なべ

MacBook Airの傷や汚れを避けたいのなら無理に外さなくてもだいじょうぶです。

MacBook Airで重たい作業をしなければあまり気にしなくてOK

重たい作業をしなければあまり気にしなくてOK
重たい作業をしなければあまり気にしなくてOK

MacBook Airが熱を持ちやすいとはいえ、普通に使っている分には特に問題ありません。

熱が気になるのは充電をしながら使っているときくらいじゃないですかね。PCのスペックに見合った作業なら動作が重たくなることはないように感じます

文章の作成は全く問題なし

文章や表の作成で動作が重たくなることはありません。

MacBook Airはやっぱり軽い作業をする分には最適です。動作もサクサクで快適。

やろうと思えば動画編集もできるみたいですけど、かなり熱を持ちそうです

ブラウジング+You TubeもOK

タブを複数使っている分にも問題なし。ただ動作は安定していますが、PCの温度はけっこう高くなります。

こんな感じならOK
  • Spotifyで音楽を流しながらブログ更新
  • You Tubeで音楽を聞きながらネットで調べもの
  • ネットで調べながらWordで文章を書く

動作がもたつくことはないけどそれなりに負担がかかる状態。それでもファンが回ることはなかったような気がします

サブモニターを使うなら熱対策が必要

もしMacBook Airでサブモニターを使うなら熱対策は必須です

モニターを使うだけで、夏とか冬に関係なくPCの温度が上がりやすくなります。

もし2画面以上での作業を考えているのなら冷却ファンもセットで用意しましょう。

まとめ:MacBook Airを長持ちさせるには熱対策は必須

MacBook Airを長持ちさせるには熱対策は必須
熱対策は必須

PCの熱を放っておくと動作はカクカク。最悪場合はデータが飛ぶリスクもあります。とにかくいいことはありません。

PCに負担をかけないように使うのが基本です。

まずは使い方を見直す
  • 重たい作業をしない
  • 不要なアプリやタブを閉じる
  • 冷却ファンでPC本体を冷やす

今回は動作には影響が出たので冷却ファンの購入を決めました。

PCのスペックに合っていない作業に対しての効果はわかりませんが、とにかく日頃からPCを冷やしておくのは大切です

なべ

費用対効果は抜群なのでぜひ試してください。

シェアしてもらえたら泣いて喜びます!

お気軽にコメントください!

コメントする

タップできる目次
閉じる